自分に合ったおうち時間を見つけよう

体硬いから恥ずかしい…ヨガ初心者が注意するポイント3つ

本ページは広告が含まれています。

体硬いから見られるの恥ずかしいなぁ。
自分だけポーズできなかったらどうしよう…

ヨガをやってみたいけど体が硬いし、なんかスタイルいい人が多いし、ちょっと恥ずかしいなぁって思ってしまいませんか?どうしてもまわりの目が気になってしまいますよね。

『そもそも体硬いのにヨガできるの?』なんて不安もあったり…

結論から言ってしまえば、ヨガはポーズをとるのが目的ではないので体の硬さは問題ありません。

どうしても見られるのが恥ずかしい人は、オンラインでヨガでやる方法もあります。

オンラインって聞くとちょっと物足りない感じがするかもしれませんが、今はオンラインでポーズ指導を受けられるんです。

体が硬いからってヨガを諦める必要はありません。

90度開脚さえできないほど硬いですが、現在はオンラインでヨガを楽しんでいます。

ヨガを始める一歩を踏み出しましょう。

オンラインヨガSOELU(ソエル)

\ 初心者でもOK!/

もくじ(見たい項目をクリック)

体硬いヨガ初心者さんの注意点3つ

体が硬くてもヨガはできますが、注意点に気を付けてやりましょう。『心地いい』を大事にしてやればOK。

注意点3つは次のとおりです。

  1. 痛いときは無理をしない
  2. 呼吸を大事にする
  3. ポーズをとることに必死にならない

①体が硬い人は痛いときは無理をしない

必死になって痛いポーズを無理してやってはいけません。

なぜなら、ヨガの効果が得られるどころか、むしろ体を痛めてしまいケガの元です。

レッスンの場合は先生が『痛い人は無理しないでこの形にしましょう』『膝曲げでも大丈夫』と声掛けしてくれるので、できなくても安心します。

できないポーズを強要する先生はいないので心配いりません。

②呼吸を大事にする

ヨガで大事なことは呼吸です。

なぜなら、深い呼吸によって多くの酸素を体内に取り込み心身を整えます。

先生もレッスン中に『呼吸してますか?』とよく声かけしてくれます。

ヨガの呼吸である腹式呼吸を覚えて、大事に『吸う・吐く』をやりましょう。

③ポーズをとることに必死にならない

先生と全く同じポーズがとれなくても問題ありません。

なぜならポーズをとるのが目的ではないからです。

ポーズをとるのに必死になってしまうと、呼吸を疎かにしてしまいがちです。しかも痛いのをつい我慢してしまいます。

私も難しいポーズのとき、必死になって丁寧な呼吸を忘れてしまったことがありました。できない場合は無理せず休んでます。

呼吸を大事にして『自身の心地よいポイント』でヨガをやりましょう。

ヨガ教室体験談|体硬くて恥ずかしかった

恥ずかしいと『見られている』意識が大きくなってしまいますよね。

私はオンラインヨガをやる前にヨガ教室に通っていました。体が硬いことを気にしていましたが、実際のヨガ教室ではみんな先生に集中しているので誰も自分のことを見ていません。みんな先生が見やすい位置にポジション取りを始めます。つまり見たい相手は先生だけなんです。

最初は恥ずかしかったですが、結局は自分の自意識過剰、だんだん気にならなくなりました。

それでもどうしても勇気がでない人は次の2つの方法があります。

  • 自宅でオンラインヨガ
  • 個人レッスンに通う

私が通っていたヨガ教室はなくなってしまい、現在はでオンラインヨガをやっています。SOELU(ソエル)は先生以外に見られないので恥ずかしい人に向いてますね。

オンラインでヨガをやる方法➀|有料オンラインヨガ

有料オンラインヨガは2つのレッスン形式があります。

ライブレッスン生配信の映像を見てレッスンを行う
ビデオレッスンすでに撮影された動画を見てレッスンを行う

ライブレッスンならビデオレッスンならが人気です。

ライブレッスンならSOELU(ソエル)

は「顧客満足度」「認知率」「利用率」「続けやすさ」「コストパフォーマンス」「レッスン開講時間満足度」でNo1を6つ獲得しています。

おすすめポイント
  • Zoomを使わないので他の生徒さんに見られない
  • 1日約200本の生配信レッスンは臨場感を味わえる。
  • ヨガ初心者向けのレッスンが充実している。
  • 100円で受け放題のお試しがある。
  • 料金が3,278円/月~でヨガ教室より安い。

ヨガ教室に通うと1回2,000~3,000円かかるけど、SOELU(ソエル)なら3,278円/月から始められます。

100円で受け放題のお試しから始められるよ。

👉SOELU(ソエル)会員の口コミを見る

👉SOELU(ソエル)30間100円お試しを詳しく見る

\ 100円お試しはここをタップ! /

ビデオレッスンならLEAN BODY(リーンボディ)

受講回数が1000万回を突破した動画レッスンがメインのオンラインフィットネス。テレビや雑誌でも紹介されています。

おすすめポイント
  • 動画レッスン850本以上が24時間受け放題
  • 生配信ライブレッスン(20本程/月)は参加し放題
  • 年間プランを申し込むと980円/月(税込み)
  • 1日に受けたレッスン時間や消費カロリーがわかる
  • 5分からの短いレッスンもあるからサクッとできる

ヨガを含む850本以上の動画レッスンがたった1000円以下で見放題。

ライブレッスンでは誰とも画面共有しないので先生からの指導もありません

👉リーンボディの無料体験をやったみた

\ 無料体験から始める人はタップ! /

オンラインでヨガをやる方法②|無料YouTubeヨガ

次の3点が気にならないからYou TubeでもOK。

  • 広告が入る
  • レッスン指導がない
  • 動画が多すぎてどれをやったらいいかわからない

『初心者向け』や『体が硬い人向け』の動画や5分ほどの短い動画もあるので始めやすいです。

ここではおすすめ人気ヨガチャネルを3つ紹介します。

  • 『B-life』まりこ先生
  • 『Wellness To Go by Arisa』ありさ先生
  • Japanese YOGA

①『B-life』まりこ先生

『B-life』まりこ先生のヨガ動画。チャンネ登録者数180万人を超えるヨガでは最大級のチャンネルです。

ヨガだけでなく、ワークアウト動画もあるのでダイエットしたい人にはおすすめです。

②『Wellness To Go by Arisa』ありさ先生

チャンネル登録者数17万人以上のヨガチャンネル。

日本で眼科医だったありさ先生、笑顔がステキな先生で一緒に映るワンちゃんもかわいい。もちろん、ガイドも丁寧で聞き心地もよいのでおすすめです。

③Japanese YOGA

チャンネル登録者数27万人以上のヨガチャンネル。

20人程の先生がいますが、夏未(なつみ)先生がメインのチャンネルとなっています。

夏未先生はオンラインヨガスクールも運営しています。

体硬いけどヨガ教室に通いたい

オンラインじゃ物足りない、体硬いけどヨガ教室に通って対面でレッスンを受けたいなら少人数の方がおすすめです。

少人数の方が先生とのコミュニケーションもとりやすく、自分の体の相談もしやすいので安心します。

どうやって探すの?という方に、ストアカを紹介します。

日本全国の色々な習いごとが検索できるサービスです。オンラインと対面、どちらも見つかります。

検索窓に『体硬い』など入れると絞れますよ。

ストアカ

\ 近くのヨガ教室を探す/

体が硬い原因とデメリット

そもそも体が硬いとはどういうことなのか、それは『関節の可動域が狭くなっている状態』のことです。関節は分かりやすく言うと骨と骨のつなぎ目のこと。

前屈をしても手が床に付かないときや開脚しても開かなかったとき、股関節がもっと動いたら...と考えてみると納得できますよね。

『なんでそんな格好できるの!?』と思うような体が柔らかい人は、関節の動く範囲が広いと言えます。

ではなぜ体が硬くなってしまうのでしょうか。体が硬いことにデメリットはあるのでしょうか。

体が硬くなる原因

原因として運動不足で筋肉が衰えてしまったことが考えられます。筋肉が衰えると血液循環も悪くなり、さらに筋肉が萎縮して動きが悪くなってしまうんです。

またパソコンなど一定の姿勢のままでいると、筋肉の緊張状態が続き、硬くなってしまいます。

その他、元々の骨格の問題やケガの影響も考えられます。

体が硬いことによる4つのデメリット

体が硬さには4つのデメリットがあります。

  1. 可動域が狭いのでケガをしやすい
  2. 血行不良により基礎代謝が下がり不調がでる(冷え、痩せにくい)
  3. 姿勢が悪くなる
  4. 肩こりや腰痛になりやすい

体が硬くても生活はできますが、改善しないとデメリットを抱えたままになります。すでに症状を感じている人はさらに悪化してしまいます。

体硬い初心者でもヨガはできる理由

ヨガは柔軟な体をイメージしやすいですが、体が硬くてもヨガはできます。

なぜならヨガの目的はポーズをとることではなく心と体を整えることです。できる範囲で動かせば大丈夫なんです。

実際『体が硬い人のため』のヨガ講座やヨガ本があります。ヨガポーズの難易度も様々です。

体が硬い人も楽しめるのがヨガです。

体が硬い人にヨガがおすすめな理由

初めは難しいと感じるかもしれませんが、体が硬いので柔軟性を高める効果をより実感しやすいです。

またヨガは体のゆがみを直してくれる効果もあり、体が硬いことによるデメリットの改善にも繋がります。

具体的には血行不良や姿勢の改善、ケガの防止。

ヨガは体が硬い人に様々な効果をもたらしてくれますが、『継続』が大前提です。

お金に余裕があれば個人ヨガレッスン|体硬くて恥ずかしい初心者向け

ヨガの個人レッスンであれば、他の生徒さんに見られることはありません。マンツーマンなので初心者でも安心です。

ただ料金が割高になってしまいます。

全国展開しているスポーツクラブのヨガプライベートレッスンは1回60分6,600円。同じ料金でオンラインヨガなら1か月受け放題です。

個人レッスンは質が高くわかりやすいですが、料金が高いのでお金に余裕のある人の選択肢です。

体硬い初心者はヨガブロックを使う方法もある

ヨガには初心者や体が硬い人の練習を助けてくれるアイテムがあります。

その中で比較的手に入りやすいのがヨガブロックです。100円ショップでも売っています。

ヨガブロックをマットの上に置いて高さを出したり、背面を上げるときに補助してくれたりします。

使い方を間違うとヨガの効果自体が薄れてしまうので、自己流ではなく動画で確認するか、レッスンで教えてもらいましょう。

ヨガの服装が恥ずかしい人は部屋着でOK

ヨガウェアはボディラインが見えて恥ずかしい人もいますよね。

確かにヨガウェアの方が動きやすいし、指導してもらうときは動きが先生からわかりやすいメリットはあります。

ですが、手足がしっかり伸ばせる動きやすい服装ならなんでも大丈夫です。

ファスナーやボタンなど硬いものがないウェアを選びましょう。ポーズによっては体に当たって痛いです。

体硬い初心者でも続けたら柔らかくなってきた

続けることで体は柔らかくなってきます。

私は約1年オンラインヨガを続けていますが、気が付いたら前屈したときに指先がつま先に付くようになっていました。

現在、取り組んでいるのはYouTubeではなく有料オンラインヨガのです。

朝5時台から夜23時台までレッスンがやっているので、自分の好きな時間にヨガができます。通う手間もいらないので自分の時間が増えました。

無料だとサボりがちになってしまう人に有料オンラインヨガはおすすめです。

体硬い初心者でもやっている|恥ずかしいと思わずヨガを楽しもう

体が硬くてもヨガはできますが、3つの注意点には気を付けて下さい。

  1. 無理しない範囲で体を動かすこと
  2. 呼吸を大事に行うこと
  3. ポーズをとるのに必死にならないこと

対面レッスンがやりたい人はストアカで近くの教室探してみる、恥ずかしくて絶対に誰にも見られたくない人は、オンラインでヨガで始めてみましょう。

オンラインヨガなら上の記事にここから戻ってチェックして下さいね。

ちなみに私はをやっています。おうちで1人だけど、『ライブ』でみんなと一緒だからYouTubeのような孤独感もありません。

まずはなんでも体験レッスンからです。1つずつ体験やっていって『これだ!』と思ったときに入会しましょう。

せっかく調べたのですから、まずは一歩踏み出してみませんか。

勇気を出して!ヨガやった後、気持ちいいですよ。姿勢も意識するようになりました。

\まずは100円お試しレッスンから/

\ 無料体験から始める人はタップ! /

もくじ(見たい項目をクリック)